【アップル株】業績下方修正も10%耐えれば買い時か!

雑記

コロナウイルスの影響が広まる中で、先日アップル社が「業績の見通しを下方修正」するとして株価が下落しました。

それについてのYouTubeをアップしたところ、多くの反響を頂きました。

業績の下方修正って大丈夫?
株価下がってる今ってチャンス?

こういったことについて解説しています。

よろしければYouTubeもご視聴ください。

【米国株】コロナウイルスの影響でアップル社が2020年2Qを下方修正!チャンスです!
~記事の要約~
・業績の下方修正の理由
・2019年のアップルショックと比較
・今後の株価予想
アップル株に興味がある方はご覧ください。
スポンサーリンク

2020年2Qの業績下方修正

アップルは1-3月期の売上高ガイダンスを達成できない見通しを出しました。

理由は「中国での新型コロナウイルス感染拡大に伴う業務の遅れと需要減少」です。

元々は、1-3月(2Q)売上高を630億-670億ドル(約6兆9200億-7兆3600億円)との予測でしたが、新たな売上高の見通しは発表されませんでした。

どのくらい売上が下がるかわからないと、株主は不安だね

下方修正の理由

【需要減】
・店舗休業
・営業時間短縮
・来店客数の減少

なるべく外出を控えて、人との接触を減らしたいよね。
アップル製品を買う人が少なくなっちゃったんだ。

【供給源】
・旧正月の延長
・労働者が少ない
・工場の閉鎖

狭い作業場でたくさんの人がいると、感染確率高まるよね。
iPhone売りたくても、工場が閉まってたら作れないよ。

業績の下方修正を発表後の反応

✅2020年2月18日の株価

$324.95→$319 1.83%減

株価は下落しましたが、思ったほど下げませんでしたね。

 

✅2020年2月19日の株価

$319→$323.62 1.44%増

翌日には上昇しました。

業績下方修正からわかること

下方修正が発表された日は下がりましたが、翌日に戻りました。

これから考えられることは3つあります。

①すでにある程度の下方修正は予想ずみ
②影響額がわからないので、反応するには時期尚早
③コロナウイルスの影響よりもアップル株の魅力が勝つ

 

株価は大多数の思惑によって動くので、どれが答えかはわかりません。

ただ、アップルがはっきりと下方修正をすると言ったことで、2Qの業績が下がることは間違いないので、2Q決算発表での値動きも少なくなるでしょう。

スポンサーリンク

2019年のアップルショックと比較

同じく2019年の始めに、業績予想を下回る発表があって、株価が下落しました。

 

2018年10~12月期の売上予想が、iPhoneの販売不振によって6~10%下回る

結果、

$157.92→$142.19 約10%減

 

つまり、今回のコロナウイルスの影響で、売上高が6~10%下落すると判明した場合、株価が10%ほど下がる可能性があると予想できます。

ある程度の下落予想がわかるとなんか安心するね。

スポンサーリンク

今後の株価予想と買い増しのスタンス

株価が$320付近にある場合、株価は$290近くに下がる可能性があります。

10%の株価下落に耐えられますか??

 

Yes → 買い増し

No     → 損切・利確ラインの設定

 

僕は8%下がったら一度撤退します。

その後、反転上昇を確認してから買いなしですね。

 

ただ、2Q決算発表前までには、大きな下落がないとも予想しています。

現状、株価は乱高下していますが、今より高い水準になってから決算発表を迎えれば、10%下がっても許容範囲です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアップル株の業績下方修正のニュースから、株価予想と買い場かどうかを考えました。

株価が2~3%動く乱高下の状況ですが、10%の下落に耐えられるかがキーポイントです。

 

コロナウイルスの状況は刻一刻と変わってるので、さらなる大幅な修正がこないとも言い切れませんので、そこらへんを注視しつつ、楽しんで投資をしていきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました