【QQQ】パワーシェアーズの人気ETFに100万円投入

売買履歴

12月の雇用統計の発表の後に【QQQ】PowerShares QQQ Trust, Series 1を約100万円購入しました。

アナリスト予想より少し下振れしましたが、株価はそれほど下落しませんでした。

そこを確認した上で、大量買い付けしました。

$219で45株を買ったよ

$9855!?よくそんなお金あったね

2019年末にタバコ・エネルギー株を売却したからね

スポンサーリンク

【QQQ】PowerShares QQQ Trust, Series 1とは

インベスコ・パワーシェアーズ・キャピタル・マネジメントという会社が運用してる投資信託です。

ナスダック100指数に連動するETFとして、高成長が期待される銘柄が多く含まれています。

 

ナスダックとは、ベンチャーなどの新興企業が集まるので、IT系や近年勢いのある会社が上場しています。

逆をいえば、老舗の大企業などは少なめになっているので、S&P500やダウに比べると、変動幅の大きい市場です。

【QQQ】構成銘柄

構成銘柄を見ると、上から6位までがGAFAで43%なのでかなり偏ってるETFですね。

その後に、インテル、コムキャスト、シスコシステムズ、ペプシコと続きます。

ティッカー 社名 比率
AAPL Apple Inc 11.88
MSFT Microsoft Corp 10.68
AMZN Amazon.com Inc 8.14
FB Facebook Inc 4.54
GOOGL Alphabet Inc 4.22
GOOG Alphabet Inc 4.21
INTC Intel Corp 2.84
CMCSA Comcast Corp 2.28
CSCO Cisco Systems Inc 2.21
PEP PepsiCo Inc 2.07

ITなど、伸び盛りの産業を中心に投資したいという場合に良いETFです。

個別銘柄よりかはリスクが低くなるので、好調のセクターに絞って分散投資することができます。

【QQQ】セクター別

セクター別です。

1位 情報技術 47.35%
2位 コミュニケーションサービス 21.26%
3位 一般消費財 14.79%
4位 ヘルスケア 7.08%
5位 生活必需品 5.72%

【QQQ】パフォーマンス

2010年からのパフォーマンスです。

一番下のオレンジがS&P500です。

ナスダックとQQQが成績を圧倒しています。

2010年からだと5倍以上ですね。

スポンサーリンク

【QQQ】なぜ今買ったのか?

過去最高値を更新し続けるのになぜ今買うのか!?

このあたりを気にして、投資に二の足をふんでる人は多いかと思います。

 

そこは投資の王道をしっかり守るべき!

王道とは、調子のいい・業績が伸びてる会社を買う

 

だから今買うんです。

 

暴落がくるかも!?

 

そのようなネガティブな情報はいつでもあります。

でもいつ来るかわかりません。

確かに今はガンガン上がり続けている、異様な状況ではありますが、

考える前に上昇気流に乗ります。

 

乗ったあとに考える。

個別株は即断即決が求められる時があります。

でもETFは個別株ほど一気に暴落はしません。

ETFだからできる戦法ですね。

スポンサーリンク

【QQQ】まとめ

今個別銘柄を買うのは、勇気がいります。

リスクを取れる人は、個別銘柄。

リスクを取れない人は、S&P500連動のSPY・VOO・IVV

中間の人はQQQがいいかなと思います。

 

タバコ・エネルギー株の個別銘柄は、リスクがあるけど配当が多いミドルリスクミドルリターンだと思います。

なので、それを売った資金は同じリスク度の【QQQ】にまわしました。

現金で持つという選択肢もありましたが、

この上昇相場の中では、その方がリスクが高い、というより機会損失ですね。

※投資は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました