【AAPL】祝!!アップル株が$300を突破

雑記

1/2の米国市場で、アップル株が2.28%上昇して、$300.35で取引を終えました。

最高値更新です。

とりあえずの節目なので、年末からガンガンと買われて、ここまではするするいくと予想することは簡単でした。

今後の注目は、この$300を上値として調整が入るか、抵抗線としてさらに上昇していくかに注目です。

スポンサーリンク

アップル株は59%過大評価!?

米誌「フォーブス」で、アップル株は59%過大評価されている!?という記事がありました。

筆者は、

「利益や成長が期待を超えたり越えなかったりすることで、株価が上下する。アップル株のこれ以上の成長の期待は低いので、現在の価格より59%下落するか、収益成長の期待が上がった時に、チャンスがある」

と言っています。

 

そして、アップル株は成長株でも割安株でもないと言っています。

「ウェアラブル端末や他のサービスは好調で売上を伸ばしているが、しかし、それだけではiPhoneの販売台数減により売上をカバーできません。また、PER24.7とした時に、それが割高かを測るPEG ratioでは2.5と割高と示した。

※PEG ratio・・・株価収益率(PER)÷1株当たりの利益成長率。1より大きいと割高

 

スポンサーリンク

目標株価0~$400

割高と判断するアナリストもいれば、まだまだ上がるよと判断するアナリストもいます。

以前の記事であげたように、2020年は買い替えのスーパーサイクルが起こると予想され、目標株価が$350と試算する人もいます。

アナリストによって、まったく正反対のことを言うので、完全にアナリストを信用することはしません。

でも彼らが、どのように数字を出すのかという計算と考え方は、とても勉強になります。

スポンサーリンク

まとめ

凡人の僕には、アップル株が割安か割高かはわかりません。

ただチェックすることは、売上・利益が伸びていて、借金が少なく、未来への投資をしているか。

そしてイノベーションを起こす可能性を秘めているかです。

これらを満たす限り、株価が調整することはあっても、大幅に崩れることはなく投資家に富をもたらしてくれると信じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました