【AAPL】2020年のアップル株は$350まで上がると予想!?

雑記

週明けのアメリカの市場では、アップル株が過去最高値を更新して284ドルを越えました。

NYダウも最高値を更新して、いよいよ3万ドルも見えてきました。

 

アルトリアとフィリップモリスを損切りをしていたので、アップルでも買い増そうと、指値を入れていたのですが、するすると上がって購入には至らず。

 

最終的に1.6%ほど上がりました。

この上昇の理由は、アメリカの証券会社の、有名なアナリストが2020年発売予定のiPhone が5Gに対応して、買い替えのスーパーサイクルをもたらすという見方を示したからです。

https://www.ig.com/jp/news-and-trade-ideas/_5g_iphone_apple-share-price-hits-record-high-ahead-of-5g-iphone-191224 

 

このアナリストは、アップルの目標株価を350ドルに引き上げました。

現在で、約$285なので、今からでもさらに25%上昇余地があるということです

 

 Apple は毎年9月に iPhone を発売していて、2020年9月には少なくとも5種類の iPhone が、発売されると予想されています。

その中には、今では貴重な小さいサイズの、iPhone SEの後継機種である、iPhone SE2の販売も噂されてます

 

2019年に発売された iPhone11も好調で、これに5 G対応の機種も揃えば、一気に買い替えの特需がきそうです。

直近、2019年9月末の決算も問題なく、「欠点ない四半期」だったとアナリストからも高評価でした。

好景気のまま、11月のサンクスギビング、12月のクリスマス商戦を迎えているので、次の2020年度1Qの決算も期待がもてます。

 

そう考えると、今の285ドル付近も割安圏と考えられます。

 

唯一の懸念点である、中国との貿易摩擦も、 先日にトランプ大統領が「大きな通商取引で合意署名は非常に近い」と発言してるので、これが解決すれば、 アップルにとっては追い風となります

 

そして、2020年は大統領選挙があります

トランプ大統領としては、何が何でも株価を上げて、強いアメリカを内外に示す必要があります。

自国の経済を苦しめるような動きはせずに、市場はこのまま伸びていくと考えるのが普通です。

 

2019年で、アメリカの株価はすでに割高と言われてましたが、その中で Apple は年初来で株価が2倍になりました。

アップル株の指標を見ると、PERは少し割高を示しています。

しかし、 iPhone新機種発売によるスーパーサイクルがおこるとなると、過去最高の純利益を期待することもできます。

加えて、経営効率を示すアップルのROAやROEは、他社と比べも高いので効率よく儲けを出しています。

こう考えると、アップルに投資をしない理由がありません。

 

外部要因である、貿易摩擦や市場全体が安定して、アップルにとって必殺の新機種を投入すれば、2020年の$350は難しくないでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました