投資は余裕資金で始めよう!という人は負けるかもしれない

雑記

こんにちは。

よく「投資は余裕資金で始めよう!」という人がいます。

これは、ある意味で間違いではありませんが、僕の心には刺さりませんでした。

なぜなら、

余裕資金で始めるのが投資なら、やっぱ金持ちしかできない!

と思ったからです。

 

「金持ちじゃなくても投資を始められて、金持ちになることができる」

これが投資の本質です。

 

余裕がなくても、頑張って投資を始めました。

投資をするために、節約したり工夫してお金を貯めたんですよ。

こういうお金の方が、負けない投資をできます

その理由を解説していきます。

余裕資金を作ってから投資をしようと思ってる方は、危ないよ!
スポンサーリンク

投資は余裕資金でって言ってるのはどんな人?

投資は余裕資金で始めようって言ってる人は、どんな人が考えてみます。

「投資を始めさせたい人」「余裕資金を使わせたい人」「本当に投資をオススメしてる人」

証券会社・銀行・国・ファイナンシャルプランナー・お人好し

こんな感じでしょうか!?

 

なんらかの形で投資を本業としてる人が多いです。

投資を始める人を増やすことで、彼らのビジネスがうまくいくようになるから。

だから、とりあえず入り口を広げるために、

「余裕資金で始めてみませんかー?」

と営業をかけています。

 

結果、資金に余裕のある高齢者が、手数料の高い金融商品を買わされて損をしました。

テレビでよく取り上げられていますよね。

これは、売る側は利益を上げるためにやっているので、違法ではないですが、ちょっとなと思います。

買う方も、自分で勉強せずに、言われるがまま信じて買ってしまったという面もあります。

ここに問題があります。

スポンサーリンク

余裕資金は負けるかもしれない!?

まず、結論から言うと、

余裕資金で投資すると、損失が出てもそれほど気にならないから

 

例えば、手元に100万円あったら1万円の物を買うのに迷いませんよね。

でも、1万円しか持ってなかったら、それが本当に欲しいものか吟味します。

 

つまり資金に余裕がある人は、深く考えないで購入しがちです。

一方、資金に余裕がない人は、じっくり考えます。

「本当に欲しいのかな」「買った後もちゃんと使うかな」

口コミやレビューを見て、購入するまえにじっくり調べますよね。

 

投資にも同じことが言えます。

・今持ってるお金で買える株はなにか?

・その評判はどうか?上がりそうか下がりそうか?

・買ったら満足できるのか

自分で調べて、納得して買うことが重要です。

 

買う際に、真剣に銘柄と向き合っていれば、

売る際にも、しっかりと理由づけて売ることができます。

「利益が出てれば、あなたの見通しは正しかった」

「損失がでれば、買った理由を振り返って勉強になる」

 

でも、余裕資金で物を買った人は、

買った物がたいしたことなかった場合、

「まあ安かったしいっか」

「もうちょっとちゃんとしたの買おう」

と、失敗したことをなかったことにしようとします。

 

損失がでたときの反省と検証を怠りがちなんですね。

だから次の株も、その次も負けてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

ですので、余裕資金で投資をしよう!というのは人間の心理的に危ないと思っています。

スポンサーリンク

大切なお金で投資しよう!

まず、結論から言うと、

大切に貯金したお金で投資を始める
大切なお金なので、使い道をしっかり考えますよね。

こういう人の方が、結果としてよい方向にいきます。

自分で考え、決断、確認、調整する。

つまりPDCAができるようになります。

 

もし損失が出た場合は、負けではなくて、勝ちへの階段です。

利益がでた場合は、あなたの読みが正しかったのです。

資金に余裕のない人の方が、真剣に取り組むことができます。

こうして、少しずつ経験と知識を蓄えるのです。

 

最初から大勝ちはできません。

お金を使いながら、少しずつ勉強しましょう。

 

僕は米国株に投資していますが、それは日本株をやった上で気づいたからです。

日本株よりも、負ける確率が低いということを。

 

米国株投資家からも人気な株を買ったけど、損がでて売った株もあります。

なぜダメだったかを考え、それを活かして次の株を買ったら、損失を取り戻せました。

このようにしっかり考えたのは、大切なお金だったからです。

 

繰り返しますが、

大切なお金で投資すれば、負けないようによく考えます。

その方が、成功する確率は高くなるでしょう。

余裕資金があるなら、それで投資してもいいですが、

やっぱり、ちゃんと考えましょう、ということを伝えたいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました